本願寺東西分派前史略年表

室町時代(中期) 西暦 一般事項 真宗関係
1457   6月.蓮如、本願寺法主を継ぐ。(第8代、43歳)
1465   3月.延暦寺、東大谷本願寺を破却。
1467 5月.応仁の乱  
1468   3月.延暦寺、近江堅田を襲撃。蓮如、北陸布教へ
1471   7月.蓮如、越前吉崎に坊舎を建立
1475   8月.蓮如、越前吉崎を退去し、河内出口へ
戦国時代(室町後期) 1482   山科本願寺の完成
1488   6月.加賀の一向一揆(20万人)が起こる。加賀国(石川県)で一向宗門徒が、守護の富樫政親を追い出し、約100年間にわたって自治を行った。
1489   8月.実如、法主を継ぐ。(第9代、32歳)
1497   11月.大阪坊舎完成。(後の石山本願寺)
1499   3月.蓮如、入滅(85歳)
1525   2月.実如入寂(68歳)。証如法主を継ぐ(第10代、10歳)。
 <7月.釋了誓、高岡市西田に西照寺を建立>
1532   8月.山科本願寺、法華宗徒らに襲撃され、炎上。大阪へ移る。
1543 8月.鉄砲伝来  
1554   8月.証如入寂(39歳)。顕如、法主を継ぐ(第11代、12歳)。
1560 5月.桶狭間の戦い。織田信長が今川義元を滅ぼす
1561   8月17日付、ガスパル・ピレラ、インマンに手紙
   諸人の彼(本願寺門主)に与うる金銭甚だ多く、日本の富の大部分はこの坊主の所有なり、毎年甚だ盛なる法会を行い、参集する者甚だ多く、寺に入らんとして門に待つ者、其開くに及び競いて入らんとするが故に、常に多数の死者を出す、而も此際死することを幸福と考え、故意に門内に倒れ、多数の圧力に依りて死せんとする者あり、夜に入りて坊主彼等に対して説教をなせば、庶民多く涙を流す、朝に至り鐘を鳴して合図をなし、是に於て皆堂に入る
1563   11月.三河一向一揆。
1564 2月 家康、三河一揆を平定。  
1568 9月.織田信長、足利義昭を奉じて入京。義昭、15代将軍
1570 9月.石山本願寺、信長と交戦 顕如、諸国の門徒に檄を飛ばし、織田信長と開戦。
  11月.伊勢国長島一向一揆。
1571 9月.延暦寺焼打ち。  
1573 4月.武田信玄没。 2月.本願寺、武田信玄、足利義昭、浅井長政、朝倉義景と結び、各地の門徒宗を蜂起させる。
7月.信長、義昭を追放。室町幕府滅亡。
安土桃山時代 8月.信長、越前に朝倉義景を滅ぼし。浅井長政を近江小谷城に滅ぼす。
1574 9月.信長、長島一向一揆を滅ぼす(2万余を焼き殺す)。 4月、越前、加賀の一向一揆、蜂起して越前を支配。
1575 5月.長篠の戦い。信長が武田勝頼をやぶる(足軽の鉄砲隊の活躍)。 8月.信長、越前一向一揆を滅ぼす(門徒1万数千人を殺戮)。
1578 11月.毛利水軍、木津川沖で信長方の鉄船に敗れる。
1580 3月17日、信長と本願寺、講和を結ぶ。 4月9日.顕如、石山を退去、紀州雑賀の鷺森へ(その後貝塚、天満へ)。教如は信長と交線をつづける。教如を義絶する。
閏3月.信長方加賀一向一揆を平定。 7月17日.教如大阪退去。
1582 6月2日、本能寺の変。 6月27日.顕如、教如(長男)を許す。
  山崎の戦い。羽柴秀吉が明智光秀をやぶる。
1583 9月.秀吉、石山本願寺跡に大坂城を築く。  9月17日.顕如、大阪で秀吉と対面。
1586 秀吉、(関白)太政大臣になり、豊臣姓を与えられる。
1587   12月6日.顕如、准如(三男)に宛て譲状を書く。
1590  豊臣秀吉、天下統一  
1591   1月5日.秀吉、京都堀川七条に寺地を寄進。
1592  文禄の役(朝鮮出兵) 11月24日.顕如没(50歳) 
  11月25日.教如(35歳)、秀吉の指示により本願寺を継ぐ。
1593   閏9月12日.秀吉、教如・如春尼・准如等を大坂に呼び、寺務継承についての案を提示。教如方これに従わず。
  同月16日.秀吉、教如の引退、准如(第12代、17歳)の寺務継承を命ず。
1597  慶長の役(朝鮮出兵)  
1598  8月18日.秀吉没 12月10日.家康、教如を訪問。
1599  前田利家没  
1600  9月15日.関ヶ原の戦い 7月2日.教如、家康を訪ね関東におもむく。
7月22日.准如、尾張から帰京。
9月20日.教如、大津で家康に会う。
11月11日.准如、家康に対して誓紙を出す。
1602   2月.家康、教如に京都東六条に四町四方の寺地を寄進。
  1603  徳川家康、征夷大将軍  江戸幕府開く