吉久御蔵跡 江戸時代

加賀藩の経済の基本は、領内の村単位で定められた免(めん)と呼ばれた課税率に応じて年貢として藩に収められる米であった。この年貢米は、藩の財政を担う御詰米(おつめまい)と家臣の給与となる給人米(きゅうにんまい)に大別され、御詰米を収納する藩営倉庫の「御蔵」と、給人米を取り扱う蔵宿が管理する「町蔵」とに保管された。

砺波郡と射水郡に設置されていた各御蔵(現市内には、吉久のほか高岡古城内、伏木、能町、立野、戸出、中田などにあった。)に収納された御詰米は、春になると主に河川を利用して吉久、伏木の御蔵に川下げされ、伏木浦から大型の外海船(とかいせん)に詰め替えて江戸、大阪、金沢、松前などへ回送された。

 小矢部川と庄川が合流していた射水川河口(当時)の右岸に位置する吉久に御蔵が設置されたのは、寛文2年(1662)以前といわれ、文政9年(1826)には636戸前の御蔵が置かれていた。吉久では御蔵成立後、この米の荷役のために人々が近郷から集まり、新たに吉久新村が形成されたと考えられている。

伏木浦から各地へ回送された米は年間35万石あったが、小矢部川、庄川の両川筋の14箇所の御蔵のうち、この出船米約3万石の25%にあたる8,000石が吉久御蔵から積み出され、越中の御詰米の集散地として重要な役割を果たしていたことが伺える。
              (西照寺境内に設置の吉久御蔵跡案内掲示版より)